饗応料理研究家 管理栄養士 緋宮栞那

想い

未来はさらに機械が幅広く仕事をする時代になる。
では、人間の仕事はどうなるのだろうか。
人は、生きがいや希望を持つことで幸せになる。
私の仕事は「人間に力を与える」ことがミッションだと思っている。
いくら高度なテクノロジーが生まれてきても、機械ではできないこともある。人間が在り続ける限り、存在する人間への心あるあたたかな「おもてなし」やクリエイティブなもの。それは機械では生み出せない。
常に自分に問いかけることがある。「そこに愛があるか」と。
そして、「無から有を生み出す力」は、人間が持っている偉大な力だと。
歴史を学び、先人たちの知恵を学び、賢者の言葉を噛みしめると、必ずそこには愛がある。
未来の日本の国を背負っていく若者たちに伝えたい。それは、先人たちが培ってきた「和心」は、日本人が生み出した世界に誇れる「おもてなしの心」だと。
そこには愛があり、希望があり、生きがいがある。
私は「和食伝承士の育成」に精いっぱいの愛を持ち、希望を持ち、生きがいとなっている。皆の愛で生かされている幸せに心から感謝し、未来の平和への祈りをここに捧げたいと思う。

緋宮栞那講演中

PROFILE

一般財団法人ムスヒ財団 代表理事
一般財団法人日本和食教会 理事
きれい塾JAPAN CULTURE 株式会社 代表取締役社長
饗応料理研究家・日本食文化研究家・管理栄養士
小田原短期大学・学習院女子大学・戸板女子短期大学にて講演・講師活動。
講演活動にて、食育・日本の文化・武家の饗応料理など、
料理講座・講演活動をしながら伝承、その他、新聞・雑誌等に
日本食文化情報を多数投稿。(食と歴史の関係について)

* The Samurai Gourmet “武士の食卓” on Facebook 世界に発信!
   現在 102万人イイネ!突破

著 書   日本国内・NYなど多数出版

武士の食卓

(幻冬舎)

The SAMURAI GOURMET

(アメリカ・ニューヨーク・ワンピ)

大奥の食卓

(講談社 α新書)

ふたり分のあっさりご飯

(幻冬舎)

週末カンタンきれい食ダイエット

(小学館)

東大生限定「アタマがよくなるレシピ」

(生活情報センター)

FACEBOOK NEWS

武士の食卓 武家薬草膳 饗応の会 文化芸術の饗応 の ご案内 10月23日 月曜日 午後7時から 作家 大下英治先生をお迎えして 江戸の文化 芸術 春画と江戸の人々のくらし 作家の大下英治氏をお招きし、『江戸の文化と芸術の会』を開催致します。 私は、歴史がわからなくなつた時、 大下先生に お尋ねします。 すると、いつも、面白おかしく お話をしてくださいます。 納得のいく、わかりやすい、楽しいお話。 生々しい 現実感溢れるお話。 そこには、必ず 笑いがあります。 笑いと納得と気づきが そこにはあります。ぜひ、ご参加くださいませ! 大下先生の、とてつもない大きな愛、エネルギーを共に分かち合いたいと思います。 作家として政財官界から経済、芸能、事件まで幅広いジャンルで創作活動。 著書は、『映画女優 吉永小百合』(朝日新聞出版)、『闘争! 角栄学校』(講談社)、『トップ屋魂 首輪のない猟犬』(イースト・プレス)など400冊以上。凄いと思います!!! 江戸の文献や書物まどにも大変知見が広く、独特のトークで楽しませてくれます。 10月の饗応の会は、 そんな大下英治氏の江戸ワールド、春画や江戸時代の芸術の本当の話をしていただきます。 目から鱗、驚くばかりのおもしろ話。 今から、とても楽しみです! ぜひ、お申し込みをおまちしています。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・テーマ 江戸の芸術 春画 絵画と江戸のくらし 日時:10月23日(月曜日)19時から 会場:饗応離宮 お申し込みの方に、お知らせいたします。 会費:18000円(税込)13献の武家薬草膳と高級 特別な日本酒 お申し込みは、緋宮栞那迄 個人メッセージ   会社携帯080-3532-1652/info@himiya.bizまで 多くの皆様に お目にかかれますこと  とても楽しみにしております!   武士の食卓 本家家元 緋宮栞那 拝
武士の食卓 武家薬草膳 饗応の会 文化芸術の饗応 の ご案内 10月23日 月曜日 午後7時から 作家 大下英治の会 江戸の文化 芸術 春画と江戸の人々のくらし 作家の大下英治氏をお招きし、『江戸の文化と芸術の会』を開催致します。 大下先生は、1944年、広島県生まれ。 広島大学文学部仏文科卒業。 1970年、「週刊文春」の記者に。 記者時代『小説電通』(徳間文庫)を発表し、作家としてデビュー。 さらに月刊「文藝春秋」に発表した「三越の女帝・竹久みちの野望と金脈」が反響を呼んだ。 1983年、「週刊文春」を離れ、作家として政財官界から経済、芸能、事件まで幅広いジャンルで創作活動をつづけている。 著書は、『映画女優 吉永小百合』(朝日新聞出版)、『闘争! 角栄学校』(講談社)、『トップ屋魂 首輪のない猟犬』(イースト・プレス)など400冊以上に上っております。 また、江戸の文献や書物まどにも大変知見の広い方で、多くのファンの支持を受けております。 そんな大下英治氏の江戸ワールド・春画や江戸時代の芸術などのお話しもして頂けるととのことで、必見です。 大下ワールドに皆さんを誘います。是非、ご参加ください。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・テーマ 江戸の芸術 春画 絵画と江戸のくらし 日時:10月23日(月曜日)19時から 会場:清澄白河・霊厳寺(江東区白河1丁目3-32) (会場変更・饗応離宮の場合もございます) 会費:18000円(税込)13献の武家薬草膳と高級日本酒 お申し込みは、緋宮栞那迄 個人メッセージ   会社携帯080-3532-1652/info@himiya.bizまで 多くの皆様に お目にかかれますこと  とても楽しみにしております!   武士の食卓 本家家元 緋宮栞那 拝
明日です。お時間がある方、 ぜひ、ご一緒に! 【自然療法・武家薬草膳を学ぶ・薬草の会】のご案内 9月10日(日) 正午より~ ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 秋を代表する七つの草花。萩・尾花・葛(くず)・ 撫子(なでしこ)・女郎花(おみなえし)・藤袴(ふじばかま)・桔梗(ききょう)。 秋の七草は、 奈良時代の歌人、 山上憶良(やまのうえのおくら)が 万葉集において 選定。 「秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびをり) かき数ふれば 七種(ななくさ)の 花 萩の花  尾花葛花  撫子の花  女郎花 また 藤袴  朝貌(あさがお)の花」 さて、9月10日(日曜日)正午・12時より 「武家薬草膳を学ぶ・薬草の会」 を 開催いたします。 饗応離宮で昼食・「薬草膳」を堪能し、その後、移動。 皇居「江戸城」にて 草木・薬草を愛で、散歩を楽しみます。 もちろん、歴史散歩であり、薬草散歩をいたします。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 日時:9月10日(日曜日)正午・12時より 会場:饗応離宮(お申し込みの方に お知らせいたします) 会費:7500円(税込・移動交通費含む) 講師:家元 緋宮栞那・武士の食卓プロ講師 青木洋征 薬草膳の 昼食をいただきながら 草木・薬草を学びます。 健康に良い 薬草を食べる、そして 自然療法を学びます。 お申し込みは、緋宮栞那 まで info@himiya.biz 080-3532-1652 メッセンジャーにて お申し込みくださいませ。 皆さまにお目にかかれますことを 楽しみにしております。 武士の食卓 本家家元 緋宮栞那 拝
2017年9月6日(水) 19h30から~ フランスの最高級ワインと武家薬草膳の会をいたします。 超高級なワインが出ます。すごく、お得ですよ! フランスと日本のコラボレーションにて、 「最高のおもてなし料理」を振る舞います。 海外の方との出会い。素敵な会話。優雅なひと時。 私も ちょっぴり フランス語 勉強しています。(*^。^*) フランスの方、海外の方たちとご縁を繋ぎたい方 チャンスです! ぜひ、ご参加くださいませ。 20,000円(税込み)となります。 会場は 饗応離宮(お申し込みの方にお知らせいたします) お申し込みは 緋宮栞那迄。  info@himiya.biz メッセンジャーまで
加賀百万石、金澤。 最高峰の武家文化を表現する 尾山神社。 初代藩主 前田利家公を奉る、 素晴らしい神社です。 幼い時から、よく行きました。 懐かしい思いで深い、尾山神社。 ご案内です。 大人気です!幕末の食卓! 【武家薬草膳の会:幕末の食卓の会】 8月24日(木)午後7時~「武家薬草膳の会・幕末の食卓」 饗応の会ご案内 本来 人間の先祖は 自然と共に 自然と一体になり 生き抜いてきました。 野山の「薬草」を食べ、海に潜り 魚貝を採り 野山を走る動物を捕まえ、 植物性と動物性の 栄養価の高い 食べ物を 食していました。 今思えば 公家や武家も 同じように 自然界からの英知をいただきながら 正しい薬草・野菜の食べ方をしてきたわけです。 その、自然界の英知を 正しく紐解き 表現したのが  武士の食卓「武家薬草膳」。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ そして、8月の武家薬草膳の会は「幕末の食卓」と称して、 本物の自然界の英知を盛り込んだ「武家薬草膳料理」をご提供させていただきたいと思います。 武士の食卓の活動におきましても、来年の大河ドラマ・明治維新150周年に向けて、「幕末の食卓」と称して、講演依頼が増えております。 そのようなこともあり、一足先に 皆様にお伝えしたいと思います。 13献の武家薬草膳とともに、薬扱いであった品質のいい日本酒や薬草酒もご提供させていただきます。 あの!!幕末の激動の時代、 戦に勝つために 天下の核となるために 幕末の英雄・志士たちは どのように 体を鍛え  聡明な判断ができるように頭脳明晰になる食生活を心がけてきたのかを、お伝えいたします。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 戦のない江戸時代は、「饗応=最高のおもてなし」でした。 しかし、幕末にもなると 世の中を変える時代「体力と肉体的健康・聡明な頭脳」が求められたことでしょう。 「幕末の食卓」・・・・・皆さまに ぜひ 先人たちの 自然界からの 英知を お伝えしたいと思います。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 日時:8月24日 午後7時から~9時半まで 会場:饗応離宮・お申し込みの方に住所をお伝えいたします 会費:16000円(税込)  13献のお料理と 最高級の日本酒・武家薬草膳酒を ご提供いたします!! お申し込みは、直接 緋宮栞那迄 080-3532-1652 または、 info@himiya.biz 、Facebookメッセージまで。 *ルールとして、3日前からのキャンセルは、会費をいただくことになっておりますご了承ください。 武士の食卓 家元 緋宮栞那 拝
薬草膳の基本を学び、食し、皇居をお散歩しながら学ぶ会です。実りある会です。ぜひ、ご参加くださいませ。(^ ^) 【自然療法・武家薬草膳を学ぶ・薬草の会】のご案内 9月10日(日) 正午より~ ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 今日は立秋。少し暑さが緩み始め、呼吸しやすくなったような気がいたします。 秋を代表する七つの草花。萩・尾花・葛(くず)・ 撫子(なでしこ)・女郎花(おみなえし)・藤袴(ふじばかま)・桔梗(ききょう)。 秋の七草は、 奈良時代の歌人、 山上憶良(やまのうえのおくら)が 万葉集において 選定。 「秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびをり) かき数ふれば 七種(ななくさ)の 花 萩の花  尾花葛花  撫子の花  女郎花 また 藤袴  朝貌(あさがお)の花」 さて、9月10日(日曜日)正午・12時より 「武家薬草膳を学ぶ・薬草の会」 を 開催いたします。 饗応離宮で昼食・「薬草膳」を堪能し、その後、移動。 皇居「江戸城」にて 草木・薬草を愛で、散歩を楽しみます。 もちろん、歴史散歩であり、薬草散歩をいたします。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 日時:9月10日(日曜日)正午・12時より 会場:饗応離宮(お申し込みの方に お知らせいたします) 会費:7500円(税込・移動交通費含む) 講師:家元 緋宮栞那・武士の食卓プロ講師 青木洋征 薬草膳の 昼食をいただきながら 草木・薬草を学びます。 健康に良い 薬草を食べる、そして 自然療法を学びます。 お申し込みは、緋宮栞那 まで info@himiya.biz 080-3532-1652 メッセンジャーにて お申し込みくださいませ。 皆さまにお目にかかれますことを 楽しみにしております。 武士の食卓 本家家元 緋宮栞那 拝
大人気です!幕末の食卓! 【武家薬草膳の会:幕末の食卓の会】 8月24日(木)午後7時~「武家薬草膳の会・幕末の食卓」 饗応の会ご案内 本来 人間の先祖は 自然と共に 自然と一体になり 生き抜いてきました。 野山の「薬草」を食べ、海に潜り 魚貝を採り 野山を走る動物を捕まえ、 植物性と動物性の 栄養価の高い 食べ物を 食していました。 今思えば 公家や武家も 同じように 自然界からの英知をいただきながら 正しい薬草・野菜の食べ方をしてきたわけです。 その、自然界の英知を 正しく紐解き 表現したのが  武士の食卓「武家薬草膳」。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ そして、8月の武家薬草膳の会は「幕末の食卓」と称して、 本物の自然界の英知を盛り込んだ「武家薬草膳料理」をご提供させていただきたいと思います。 武士の食卓の活動におきましても、来年の大河ドラマ・明治維新150周年に向けて、「幕末の食卓」と称して、講演依頼が増えております。 そのようなこともあり、一足先に 皆様にお伝えしたいと思います。 13献の武家薬草膳とともに、薬扱いであった品質のいい日本酒や薬草酒もご提供させていただきます。 あの!!幕末の激動の時代、 戦に勝つために 天下の核となるために 幕末の英雄・志士たちは どのように 体を鍛え  聡明な判断ができるように頭脳明晰になる食生活を心がけてきたのかを、お伝えいたします。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 戦のない江戸時代は、「饗応=最高のおもてなし」でした。 しかし、幕末にもなると 世の中を変える時代「体力と肉体的健康・聡明な頭脳」が求められたことでしょう。 「幕末の食卓」・・・・・皆さまに ぜひ 先人たちの 自然界からの 英知を お伝えしたいと思います。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 日時:8月24日 午後7時から~9時半まで 会場:饗応離宮・お申し込みの方に住所をお伝えいたします 会費:16000円(税込)  13献のお料理と 最高級の日本酒・武家薬草膳酒を ご提供いたします!! お申し込みは、直接 緋宮栞那迄 080-3532-1652 または、 info@himiya.biz 、Facebookメッセージまで。 *ルールとして、3日前からのキャンセルは、会費をいただくことになっておりますご了承ください。 武士の食卓 家元 緋宮栞那 拝
【自然療法・武家薬草膳を学ぶ・薬草の会】のご案内 9月10日(日) 正午より~ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 今日は立秋。少し暑さが緩み始め、呼吸しやすくなったような気がいたします。 秋を代表する七つの草花。萩・尾花・葛(くず)・ 撫子(なでしこ)・女郎花(おみなえし)・藤袴(ふじばかま)・桔梗(ききょう)。 秋の七草は、 奈良時代の歌人、 山上憶良(やまのうえのおくら)が 万葉集において 選定。 「秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびをり) かき数ふれば 七種(ななくさ)の 花 萩の花  尾花葛花  撫子の花  女郎花 また 藤袴  朝貌(あさがお)の花」 さて、9月10日(日曜日)正午・12時より 「武家薬草膳を学ぶ・薬草の会」 を 開催いたします。 饗応離宮で昼食・「薬草膳」を堪能し、その後、移動。 皇居「江戸城」にて 草木・薬草を愛で、散歩を楽しみます。 もちろん、歴史散歩であり、薬草散歩をいたします。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 日時:9月10日(日曜日)正午・12時より 会場:饗応離宮(お申し込みの方に お知らせいたします) 会費:7500円(税込・移動交通費含む) 講師:家元 緋宮栞那・武士の食卓プロ講師 青木洋征 薬草膳の 昼食をいただきながら 草木・薬草を学びます。 健康に良い 薬草を食べる、そして 自然療法を学びます。 お申し込みは、緋宮栞那 まで info@himiya.biz 080-3532-1652 メッセンジャーにて お申し込みくださいませ。 皆さまにお目にかかれますことを 楽しみにしております。 武士の食卓 本家家元 緋宮栞那 拝
日本の和食理論を完成させるため、いろいろな分野の賢者と言われる方にお目にかかっています。学ばせていただいています。12年前、ずっと前から原稿を書きため、作り上げています。 武士の食卓 和食理論。 あと、2年後には大きく全国展開を目指し、人材育成に努力しています。 仕事は、 一緒に組む人によって、結果がかわりますね。 武士の食卓 和食理論。 世界中に、広めたい。 それが、私の夢。 完成まで、まだ少し時間がかかるかも。 kanna himiya
今日は、明日の予約のお客様達、そして明後日の霊巌寺での饗応の会の、 準備です。 金沢の市場に問い合わせてメニューを決め、食材の取り寄せでバタバタし、 器を決め、数を合わせ、霊巌寺までの移動の準備。 饗応の会には、最低準備で四日ほどかかります。頭も絞ります。 出張料理は、ちょっと大変ですが、 いろいろ工夫し、新しいアイディアが生まれてきます。 常に、海外での饗応の会を開催することを意識しています。 最近、海外の超富裕層のお客様が、 プライベートジェットで、 武士の食卓に来てくださいます。 投稿はしていませんが、 特別なご予約を、頻繁にいただきます。 だから、かなり多忙になりました。 有難いことです。 さあ! 体力つけてがんばります! これからが、私の仕事人生のはじまり。 8月9日、霊巌寺での饗応の会にお申し込みの皆様。 夏の加賀野菜、そして、 薬草料理。 楽しみにしてくださいね。 日本酒も特別な、特別なものを 準備しました。 お待ちしております。 お名刺をたくさんお持ちくださいね。 まだ、お席はありますが、 満席に近いです。 ありがとうございます。 kanna himiya
大人気です!幕末の食卓! 【武家薬草膳の会:幕末の食卓の会】 8月24日(木)午後7時~「武家薬草膳の会・幕末の食卓」 饗応の会ご案内 本来 人間の先祖は 自然と共に 自然と一体になり 生き抜いてきました。 野山の「薬草」を食べ、海に潜り 魚貝を採り 野山を走る動物を捕まえ、 植物性と動物性の 栄養価の高い 食べ物を 食していました。 今思えば 公家や武家も 同じように 自然界からの英知をいただきながら 正しい薬草・野菜の食べ方をしてきたわけです。 その、自然界の英知を 正しく紐解き 表現したのが  武士の食卓「武家薬草膳」。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ そして、8月の武家薬草膳の会は「幕末の食卓」と称して、 本物の自然界の英知を盛り込んだ「武家薬草膳料理」をご提供させていただきたいと思います。 武士の食卓の活動におきましても、来年の大河ドラマ・明治維新150周年に向けて、「幕末の食卓」と称して、講演依頼が増えております。 そのようなこともあり、一足先に 皆様にお伝えしたいと思います。 13献の武家薬草膳とともに、薬扱いであった品質のいい日本酒や薬草酒もご提供させていただきます。 あの!!幕末の激動の時代、 戦に勝つために 天下の核となるために 幕末の英雄・志士たちは どのように 体を鍛え  聡明な判断ができるように頭脳明晰になる食生活を心がけてきたのかを、お伝えいたします。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 戦のない江戸時代は、「饗応=最高のおもてなし」でした。 しかし、幕末にもなると 世の中を変える時代「体力と肉体的健康・聡明な頭脳」が求められたことでしょう。 「幕末の食卓」・・・・・皆さまに ぜひ 先人たちの 自然界からの 英知を お伝えしたいと思います。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 日時:8月24日 午後7時から~9時半まで 会場:饗応離宮・お申し込みの方に住所をお伝えいたします 会費:16000円(税込)  13献のお料理と 最高級の日本酒・武家薬草膳酒を ご提供いたします!! お申し込みは、直接 緋宮栞那迄 080-3532-1652 または、 info@himiya.biz 、Facebookメッセージまで。 *ルールとして、3日前からのキャンセルは、会費をいただくことになっておりますご了承ください。 武士の食卓 家元 緋宮栞那 拝
https://tickets.japansociety.org/shows/how%20to%20eat%20like%20a%20samurai/events How to Eat Like a Samurai [Lecture] September 26, 6:30 PM Kanna Himiya, author of The Samurai Gourmet and a descendant of the chef of the powerful Maeda samurai clan from Ishikawa Prefecture, joins us to reveal the ancient recipes and eating habits of Japan's legendary military class. Moderated by Michael Romano, renowned chef and food ambassador of Ishikawa Prefecture. Followed by a book signing and sake tasting reception featuring sake produced in Ishikawa Prefecture.
かなりいい、講演会と思います!無料です。ぜひ!! 9月3日(日) ぜひ、ご来場くださいませ!! 港区歴史フォーラム・講演会 (入場無料) 歴史家・作家 加来 耕三氏 勝海舟 玄孫 高山 みな子氏 武士の食卓 本家家元・饗応料理研究家 緋宮 栞那氏 平成29年9月3日(日曜日) (1)昼の部:午後1時30分から午後4時 (2)夜の部:午後5時から午後7時30分 赤坂区民センター区民ホール(港区赤坂4-18-13) https://www.city.minato.tokyo.jp/cit…/history-yoshimune.html
縁起の良い、龍雲。 必ず、幸運発展の気がします。 また、私達、武士の食卓プロジェクトチームの前に、龍が姿を見せてくれました。感動! そんな、運気の上がる聖地での、 饗応の会です。 お席、まだ、あります! 【8月9日(水曜日)午後7時から】 武士の食卓・武家薬草膳の会【徳川秀忠甲冑の会】ご案内 【なぜ、旨味は日本人にしかないのか?】 その、秘密を徹底解明! なぜ、武家薬草膳は世界唯一の健康料理なのかを、医学的に解明いたします! これで、すべてが解き明かされた! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 徳川秀忠が関ヶ原の戦いに向かう時、 着ていたという「甲冑」。 なんという、鳥肌が立つくらいエネルギーの高い甲冑だろうか。 私の身体は、1600年の関ヶ原へとタイムスリップするような興奮状態である。 戦場では、まさに食べることが薬となり英気を促す。 一瞬にして体中が熱くなり機敏に聡明に身体と頭を働かせる。 そんな時の「戦飯の秘密」にも 「漢方薬」があったのだ! どんな漢方薬が食されていたのだろうか。知りたくてたまらない。 高価な高価な漢方薬も戦で勝つためには食されていただろう!! そして、それを食べると体はどう変化するのだろうか。 私は、その薬の食事を食べたくてたまらない。 そんな料理を作ります。 そして、 武家薬草膳の正式な解説を、統合医療専門医・新宿区医師会理事 ●日本健康科学学会理事 ●日本統合医療学会 代議員 医学博士の「丹羽正幸先生」にご講演いただきます。 徳川秀忠の甲冑に込められた勝利への想いと健康に対する願い。 それを、丹羽正幸医学博士の健康、薬草膳の深いお話と、 安間 信裕氏による甲冑の解説という、お二人からお話をいただきます。 このような、内容の濃い 素晴らしい武家薬膳の会は初めてです!皆さんを 戦国時代と殿様の食した薬草膳料理の世界へとご案内をいたします。 ぜひ!ご参加くださいませ! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 日時:8月9日 水曜日 午後7時から 開場:清澄白河・霊厳寺(饗応離宮に変更の場合もあり) 会費:18000円(税込)13献の武家薬草膳料理と高級酒 日本酒プロデューサー・上杉孝久氏(上杉謙信ご子孫) 講師:安間信裕氏(徳川秀忠・甲冑のお話し)   :丹羽正幸医学博士(武家薬草膳について) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ お申し込みは、緋宮栞那まで info@himiya.biz 080-3532-1652 素晴らしい学びと楽しめる会となるでしょう。 ぜひ!ご参加くださいませ。 私は今まで以上に 皆さんに知っていただきたく思っているので、多くの方に参加していただきたい会でございます。 武士の食卓 家元 緋宮栞那 拝
https://www.city.minato.tokyo.jp/citypromotion/history-yoshimune.html 9月3日(日) ぜひ、ご来場くださいませ!! 港区歴史フォーラム・講演会 (入場無料) 歴史家・作家 加来 耕三氏 勝海舟 玄孫 高山 みな子氏 武士の食卓 本家家元・饗応料理研究家 緋宮 栞那氏 平成29年9月3日(日曜日) (1)昼の部:午後1時30分から午後4時 (2)夜の部:午後5時から午後7時30分 赤坂区民センター区民ホール(港区赤坂4-18-13)
海が気持ちいい、癒されますね。 心にも、日光浴、大事ですね! 一緒に、お散歩行きませんか? ぜひ、楽しい時間を一緒に。(^ ^) 【良縁が繋がる 最強の江戸散歩ルート】 8月26日・土曜日・11時半より3時半ごろまで 「武家カルチャー散歩の会」ルート3 :11時30分に集合。饗応離宮にて武家薬膳ランチと解説 武士の食卓講師 青木洋征。 ぜひ! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 饗応離宮にて武家薬膳ランチを食しながら、清澄白河庭園・霊厳寺の解説と歴史解説。武家との関係をご説明いたします。 その後、清澄白河へ行き、清澄庭園散歩の後、霊厳寺まで参ります。 霊厳寺では、ご住職様のお話をいただきます。 霊厳寺にて解散。お時間のある方は、素敵なカフェでお茶しましょう。 【人生に大切な事】人生に大切な9つのこと。 ① 人間関係、②お金、③仕事、④家庭、⑤パートナー、⑥時間、⑦健康、⑧運と運命、⑨生きる目的 今回は、良縁がテーマです。人の一生は、人と人とのかかわりがすべてであり、幸せの基準は「人との関係」にあります。 ご一緒に、学び 感じ 語り合い さらに幸せになりましょう。 そして、人生の成功者になりましょう!成功とは、自分が決めることです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 日時:8月24日 土曜日  午後11時半集合 会場集合場所:饗応離宮(お申し込みの方にお知らせいたします) 会費:7000円(ランチ・交通費込み) カルチャー講師は、武士の食卓リーダー講師・青木洋征が担当いたします。 そして、家元の緋宮栞那が料理解説と講話をいたします。 絶対!楽しいと思います!!!(*^。^*) ♡
今から、和食伝承士の講座が 始まります。 今後の活動発展、方向性も、 しっかりと話し合い、 集中してがんばります! 武士の食卓 家元 緋宮栞那
観音様の顔は かなしみに堪えた顔である くるしみに堪えた顔である 人の世のさまざまな批判に じっと堪えた顔である そして ひとことも弁解をしない顔である なんにもいいわけをしない顔である そしてまた どんなにくるしくても どんなにつらくても 決して弱音を吐かない顔である 絶対にぐちを言わない顔である そのかわり やらねばならぬことは ただ黙ってやってゆく、という 固い意志の顔である 一番大事なものは 一番大事ないのちをかけてゆく そういうキゼンとした顔である この眼の深さを見るがいい 深い眼の底にある さらに深い憂いを見るがいい 弁解や言い訳ばかりしている人間には この憂いはできない 息子よ こんな顔でいきて欲しい 娘よ こんな顔の若者と 巡り会って欲しい 私は観音様の顔を彫る時 いつもこの詩を思い出しながら 製作にあたっています 仏師 秀雲 初めて皆様に公開いたします。 緋宮栞那の師匠が、仏師 秀雲 多くの事を学び、励まされています。 師匠を思うと、 胸が熱くなります。 私も 観音様のような 顔をした女になりたい 人間になりたいと 毎日が修行でございます。
江戸の守護神・清澄白河・霊厳寺での 饗応の会。 食の神様は、次々と 武士の食卓にチャンスを与えてくださる。 今年は、後半期、ヨーロッパでの饗応の旅。 9月2日は、港区歴史フォーラム(参加無料)にて、 武士の食生活。江戸~明治の変遷。海外の食べ物の価格や希少性。を「講演。 9月25日のニューヨークでの ジャパンソサエティーでの講演。 日本においては、普段の饗応の会の他、海外からの富裕層向けの饗応の会。 10月初旬は、上野公園での イベント。 11月には、フランスからの貴族の方々向けの「武家の饗応」とワインの会(霊厳寺を体験)。 そして、京都のあるお寺での「和心の饗応」(決まり次第告知します) その他、10月 11月は 秋田、福島での 「饗応と講演」。 一番大切なのが 数年後に向けての 大きなプロジェクト。 そして、オリンピックに向けての 食の提供企画。 本当は まだまだあるんです。書ききれないのです。 これからまだまだ、武士の食卓は 求められるだろう。 今年後半期の、多忙な事。。。健康が第一と つくづく思う。 休めるときには 体を休め、一点集中して 全力を尽くそう。 本当に 有難いことが 続く毎日。 感謝しかありません。 今は、内部を固めるとき。スタッフ、仲間を大募集! さて、8月9日の饗応。お席まだありますよ。 清澄白河 霊厳寺へ ようこそ。 ぜひ、ご参加くださいね!! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 【8月9日(水曜日)午後7時から】 武士の食卓・武家薬草膳の会【徳川秀忠甲冑の会】ご案内 【なぜ、旨味は日本人にしかないのか?】 その、秘密を徹底解明! なぜ、武家薬草膳は世界唯一の健康料理なのかを、医学的に解明いたします! これで、すべてが解き明かされた! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 徳川秀忠が関ヶ原の戦いに向かう時、 着ていたという「甲冑」。 なんという、鳥肌が立つくらいエネルギーの高い甲冑だろうか。 私の身体は、1600年の関ヶ原へとタイムスリップするような興奮状態である。 戦場では、まさに食べることが薬となり英気を促す。 一瞬にして体中が熱くなり機敏に聡明に身体と頭を働かせる。 そんな時の「戦飯の秘密」にも 「漢方薬」があったのだ! どんな漢方薬が食されていたのだろうか。知りたくてたまらない。 高価な高価な漢方薬も戦で勝つためには食されていただろう!! そして、それを食べると体はどう変化するのだろうか。 私は、その薬の食事を食べたくてたまらない。 そんな料理を作ります。 そして、 武家薬草膳の正式な解説を、統合医療専門医・新宿区医師会理事 ●日本健康科学学会理事 ●日本統合医療学会 代議員 医学博士の「丹羽正幸先生」にご講演いただきます。 徳川秀忠の甲冑に込められた勝利への想いと健康に対する願い。 それを、丹羽正幸医学博士の健康、薬草膳の深いお話と、 安間 信裕氏による甲冑の解説という、お二人からお話をいただきます。 このような、内容の濃い 素晴らしい武家薬膳の会は初めてです!皆さんを 戦国時代と殿様の食した薬草膳料理の世界へとご案内をいたします。 ぜひ!ご参加くださいませ! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 日時:8月9日 水曜日 午後7時から 開場:清澄白河・霊厳寺(饗応離宮に変更の場合もあり) 会費:18000円(税込)13献の武家薬草膳料理と高級酒 日本酒プロデューサー・上杉孝久氏(上杉謙信ご子孫) 講師:安間信裕氏(徳川秀忠・甲冑のお話し)   :丹羽正幸医学博士(武家薬草膳について) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ お申し込みは、緋宮栞那まで info@himiya.biz 080-3532-1652 素晴らしい学びと楽しめる会となるでしょう。 ぜひ!ご参加くださいませ。 私は今まで以上に 皆さんに知っていただきたく思っているので、多くの方に参加していただきたい会でございます。 武士の食卓 家元 緋宮栞那 拝 画像に含まれている可能性があるもの:1人、靴、室内 自動代替テキストはありません。
大人気です!幕末の食卓! 【武家薬草膳の会:幕末の食卓の会】 8月24日(木)午後7時~「武家薬草膳の会・幕末の食卓」 饗応の会ご案内 本来 人間の先祖は 自然と共に 自然と一体になり 生き抜いてきました。 野山の「薬草」を食べ、海に潜り 魚貝を採り 野山を走る動物を捕まえ、 植物性と動物性の 栄養価の高い 食べ物を 食していました。 今思えば 公家や武家も 同じように 自然界からの英知をいただきながら 正しい薬草・野菜の食べ方をしてきたわけです。 その、自然界の英知を 正しく紐解き 表現したのが  武士の食卓「武家薬草膳」。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ そして、8月の武家薬草膳の会は「幕末の食卓」と称して、 本物の自然界の英知を盛り込んだ「武家薬草膳料理」をご提供させていただきたいと思います。 武士の食卓の活動におきましても、来年の大河ドラマ・明治維新150周年に向けて、「幕末の食卓」と称して、講演依頼が増えております。 そのようなこともあり、一足先に 皆様にお伝えしたいと思います。 13献の武家薬草膳とともに、薬扱いであった品質のいい日本酒や薬草酒もご提供させていただきます。 あの!!幕末の激動の時代、 戦に勝つために 天下の核となるために 幕末の英雄・志士たちは どのように 体を鍛え  聡明な判断ができるように頭脳明晰になる食生活を心がけてきたのかを、お伝えいたします。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 戦のない江戸時代は、「饗応=最高のおもてなし」でした。 しかし、幕末にもなると 世の中を変える時代「体力と肉体的健康・聡明な頭脳」が求められたことでしょう。 「幕末の食卓」・・・・・皆さまに ぜひ 先人たちの 自然界からの 英知を お伝えしたいと思います。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 日時:8月24日 午後7時から~9時半まで 会場:饗応離宮・お申し込みの方に住所をお伝えいたします 会費:16000円(税込)  13献のお料理と 最高級の日本酒・武家薬草膳酒を ご提供いたします!! お申し込みは、直接 緋宮栞那迄 080-3532-1652 または、 info@himiya.biz 、Facebookメッセージまで。 *ルールとして、3日前からのキャンセルは、会費をいただくことになっておりますご了承ください。 武士の食卓 家元 緋宮栞那 拝
https://t.co/LkxweGfqJd
#武士の食卓 #饗応 #武家薬草膳 #料理 #霊厳寺 #武士 #交流会 #歴史 #饗応料理 #カンナさーん  #緋宮栞那 #幕末 #戦国時代 https://t.co/Mx3xlEkjbY
日光東照宮。平成の大修理が終わり、 ようやく、東照大権現さまにご挨拶に参りました。 心が洗われました。 次回は、秋の紅葉の時期に。 楽しみが増えました。 さて。 【ムスヒ財団主催:ムスヒの会のご案内】 9月2日(土曜日)正午12時より~午後3時ごろまで ムスヒ財団主催「ムスヒの会」久しぶりに開催いたします! ・財団代表の緋宮が、 「しあわせになる方法とお金の神様に好かれるための秘訣をお伝えいたします」 【人生に大切な事】人生に大切な9つのこと。 ① 人間関係、②お金、③仕事、④家庭、⑤パートナー、⑥時間、⑦健康、⑧運と運命、⑨生きる目的 参加者一人一人に、現在の自分の活動を紹介していただき、 「一人が皆を応援する。皆が一人を応援する」というコンセプトで、ランチ会をいたします。 全員が 講演者となって話し、チャンスを手に入れるための 自己表現と学びの会です。 そして、スペシャルゲストとして、 緋宮が大尊敬する 井下田氏をお招きいたします。 講師:井下田久幸氏 講演内容:「君がかならずできるわけ」       ~人脈と幸せのつくり方 会場:緋宮サロン(参加者の方に 住所をお教えいたします) 会費:6500円(税込) お申し込みは、緋宮栞那まで info@himiya.biz 080-3532-1652 メッセンジャーに お申し込みくださいね。 一般財団法人 ムスヒ財団代表理事 緋宮栞那 拝
【ムスヒ財団主催:ムスヒの会のご案内】 9月2日(土曜日)正午12時より~午後3時ごろまで ムスヒ財団主催「ムスヒの会」久しぶりに開催いたします! ・財団代表の緋宮が、 「しあわせになる方法とお金の神様に好かれるための秘訣をお伝えいたします」 【人生に大切な事】人生に大切な9つのこと。 ① 人間関係、②お金、③仕事、④家庭、⑤パートナー、⑥時間、⑦健康、⑧運と運命、⑨生きる目的 参加者一人一人に、現在の自分の活動を紹介していただき、 「一人が皆を応援する。皆が一人を応援する」というコンセプトで、ランチ会をいたします。 全員が 講演者となって話し、チャンスを手に入れるための 自己表現と学びの会です。 そして、スペシャルゲストとして、 緋宮が大尊敬する 井下田氏をお招きいたします。 講師:井下田久幸氏 講演内容:「君がかならずできるわけ」       ~人脈と幸せのつくり方 会場:緋宮サロン(参加者の方に 住所をお教えいたします) 会費:6500円(税込) *毎日、「お願い観音」に手を合わせて、 お願い事を一杯叶えてもらっています。 お願い事とは、、、、 「相方が いっぱいお金を持ってきてくれますように」 「相方と ずっと一緒に健康でいられますように」 「一番いい 最高の波動の時期に、結婚できますように」 です!!(入籍するには 一番良い、最高の成功波動のタイミングがあるので)→ここは大事なところです。ここを間違えたら まずいことになる場合も多々ある。私は、タイミングを待つこと、10年以上。仲良くケンカしながら 10年以上、結婚のタイミングを待っています。 (笑) (波動の良くない時期に 結婚すると だめですよ~~~) →この内容にも 興味のある方は 詳しく 詳しく お話しします!   これが一番興味あるかも。。。。(*^。^*) お申し込みは、緋宮栞那まで info@himiya.biz 080-3532-1652 メッセンジャーに お申し込みくださいね。 一般財団法人 ムスヒ財団代表理事 緋宮栞那 拝

PROJECT

武士の食卓

「武士の食卓」とは、饗応料理研究家である緋宮栞那が、日本古来の食養学、本草学、薬食学を研究し、「世界に誇れる日本の健康食」をまとめました。 その料理の総称を「武士の食卓」といいます。「時代考証再現食」として料理を作り、日本の歴史と文化を料理に託して伝承することを目的としています。 各藩の大名の子孫や大名のお抱え料亭、お抱え料理人の末裔の方々にご教示・ご指導をいただきながら学びました。 また、全国各地の伝統食を口伝や古文書などを基に研究し、形にしたものです。 武士の食卓は、「江戸時代に完成された日本の食文化」で、作法やしきたり、精神性、成り立ちがとても重要。 武士は「質素・倹約」が通常で自分を厳しく律していました。 しかし、祝いの場では最高の贅と心を尽くし、健康を願い、自然を敬い、相手を尊び、子孫繁栄の願いを込めて「おもてなし=饗応」をします。 だからこそ、長寿の食べ合わせや、心身の健康、永遠の美しさや若さ、そして、心身の強さを保つことができる食事が求められました。 そんなエネルギーの高い栄養学が盛り込まれた“究極の食文化”が、「武士の食卓」なのです。 私たちの一番の願いは、「日本文化伝承」。 そして、日本を海外に伝える国際人の育成です。 和食伝承士とは、「日本文化伝承人」と同意語です。 本講座を通じて多くの方に「武士の食卓」を継承していただき、先人たちが培ってきた世界に誇れる健康食を子々孫々と伝承していけることを願っております。

The "Samurai of the Table”,The culinary expertise of is a cooking expert Himiya Kanna is a combination of Japanese nutrutionism, herbalism, and food science, and she has put together a complete Japanese healthy diet. The generic name of the dish she had named "Samurai of the Table”. It has claims to be the "true Japanese diet", based on its tradition and history.
Lords of descendants and lords of Okakae restaurant of each Samurai clan, it was learned while receiving the teachings and guidance to members of the descendant of Okakae cook. In addition, it was intended to study the traditional food around the country based on such as word of mouth and ancient documents, so as to receive the proper form.

An essential element of Samurai of the Table is a "Edo based finished Japanese food culture", including manners and traditions, in which spirituality, holds very important.

The key values to the Samurai, which they had disciplined themselves severely were to discipline severely yourself in "frugality, and thriftiness". That said, during a celebration, wishing health and wealth, honoring nature, honoring the other members of the party, and the hope of fertility, this fell into to the category of "wine and dine”.
For this reason, eating properly with longevity in mind, mental and physical health, eternal beauty and youth, and, diet that can keep the strength of mind and body was required.

Thus, to be a “Warrior of the the Table” high nutrition of such energy was necessary.

It is our goal to show this side of Japanese cuisine to the rest of the world.
To many people through this course we will inherit the "Warrior of the Table",
we hope that is able to pass on healthy diet proud in a world where our ancestors have cultivated and Shishisonson.

Samurai of the Table-wine and dine Cooking expert-Himiya Kanna.

武士の食卓オフィシャルサイト

一般財団法人ムスヒ財団

「ムスヒ」とは、日本語の古代語で無から有を生み出す大きな力のことをいいます。
私がこの財団を作った理由は、世界に誇れる健康食である、素晴らしい和食の歴史や文化を通じて「和心」を分かち合い、世界中に和心を伝えたいという願いからです。
国境を越え、政治や経済を超えて「文化」でお互いを理解し合い、共感し、学び、高め合う。
この地球がムスヒ(MUSUHI)の力から生まれたことを感じ、地球人が一つになって自然を守ること、文化文明を分かち合うこと、愛(LOVE)によって支え合うことが平和(PEACE)への道だと思っています。
ムスヒ財団は、世界無形文化遺産となった和食を通じて、MUSUHI・LOVE・PEACEを世界中に伝えることを目的としています。

ムスヒ財団オフィシャルページ

一般財団法人日本和食協会

国内及び海外へ和食文化の原点や様式、作法等に関する正しい理解の普及を図り、和食文化の発展と振興に貢献することを目的とし、その目的に貢献するために事業を行う。

代表理事 四條隆彦(四條中納言山陰嫡流 四條司家第四十一代 當代)

きれい塾JAPAN CULTURE株式会社

きれい塾JAPAN CULTURE株式会社では、代表取締役であり、そして饗応料理研究家である緋宮栞那により、日本の食文化伝承を基本とし、出版、講演、料理教室、会食会、資格講座等を中心に活動しています。

日本の食文化の基本は、自然のリズムから成り立っています。
自然のリズムは、私たち人間の英知をしてもおよぶところではありません。 例えば野菜は、化学分析のことや栄養価のことも知らないで、自分たちに必要な栄養や水分を、土の中や空気の中から分量を間違えずに取り入れて、毎年、決まった時に同じ色の形や香りをさせて、葉や花、実を作ります。 そして、素晴らしい事に人間や他の生き物たちが必要な栄養素である、たんぱく質やビタミン、ミネラルまで作って与えてくれています。 このようなことは、どんなに立派な科学者でも絶対にまねができないことです。

私たち人間は、目に見える肉体を、目に見えないエネルギーで生かされていたり、生きあったりしている事に気がつきます。 人間界も植物界、動物界もすべて自然のリズムで循環しており、秩序が守られ融和しているのです。 万物は、循環しながら生かし合っているということです。
「生きる」ことは自然のリズムに合わせていくことであり、それから外れると心や体のバランスが崩れ、病んできます。

きれい塾JAPAN CULTURE株式会社では、このような「自然のリズム」を食に託し、世界に誇れる日本の健康食の開発と伝承、教育活動を中心に運営されています。

きれい塾オフィシャルページ

株式会社ボヌュール

私たち株式会社ボヌュールは、個人・団体に関わらず企画、商品開発等のブランディングを行い、国内外に向けて発信を行っていきます。 弊社は、皆様の大切な財産である知恵・技術・夢を共に考え、イメージして行き、創造し形にして、社会に広めて行く架け橋のような存在でありたいと思っております。 そして、より良い社会になるため皆様と一緒に歩んで行き社会に新しい風・感性・文化を皆様と共にお届けし、豊かで幸せな未来を実現して行きたいと考えております。

また私たちは日本らしさのある商品や人を発掘、プロデュースし、日本文化を広めていくことにも力を注いでいます。 今日の日本では、少し、日本の文化・伝統・芸術・世界観が失われていっているような気がします。 弊社はこれからの日本のあり方、未来の子供たちのためにも日本の文化を守っていき伝承していく必要があると考えております。 日本のよいところを皆様に知っていただいていろんな国との文化交流をしていき、日本の活性化に繋げています。 そして、プロデュースという形で皆様のパートナーとしてお役に経てたらと思います。

ボヌュールオフィシャルページ

緋宮栞那のメディア出演&講演活動

メディア出演の内容

☆管理栄養士としての活動
  • 季節の料理、健康食、世界の料理の提案と指導、料理解説 クッキング実演 コメンテーター監修 番組制作指導健康モデルとして
  • メタボリック・生活習慣病・婦人病・ホルモンバランスに関する栄養管理とコメント 料理実演、 監修、番組制作指導
  • ダイエット・美容・美肌・加齢・セルライト除去などの栄養管理と食生活指導 料理提案・実演・監修、健康モデルとして
  • 料理のカロリー計算と健康栄養指導の監修とコメント
  • レストラン番組、美容番組、健康番組の監修、指導、コメンテーター、商品解説など
  • お茶、お酒、ドリンク、スィーツに関するコメントと指導、監修、商品解説など
☆日本食文化研究家としての活動
  • 日本のおもてなしと作法について 指導、コメント、監修、実演、実習モデル
  • 武家の饗応料理 殿様料理について
  • 各藩の饗応料理 おもてなし料理 47都道府県の郷土料理について
  • 戦国武将の食文化 (強靭な体力と精神力) 提案、指導、監修、実演、創作
  • 陣中食・忍者の食事(体力増進と頭脳明晰食) 提案、指導、監修、実演、創作
  • 地場産業を活性させるための、食からの見解。コメント 番組指導
  • 「ハレの日」と「ケの日」の日本の料理としきたり
  • 古式ゆかしき婚礼料理 歴史観 伝統食指導 監修 コメント 料理製作
  • 歴史番組の指導と料理提案(江戸時代・戦国時代・平安時代・古代食)
  • 日本文学と食のかかわり
    (古事記・日本書紀・源氏物語・戦国記・饗応・幕末・明治維新・近代史からみた日本の食文化を解説指導)
  • 日本の調味料とつまもの 解説 指導 コメント

その他多数 ご提案いたします。

講演している緋宮栞那

講演・演題のご提案

☆【歴史・教育編】
例)
  • 日本食はなぜ世界で一番人気があるのか ~世界無形文化遺産となった理由~
  • 「大奥の食卓」 ~姫たちの美と健康、そして幸せ~
  • 「武士の食卓」 ~和食が世界無形文化遺産となったわけ~
  • 歴史の流れと食文化 ~公家と武士のおもてなし~
  • 子どもの食育・大人の食育 ~「いただきます。ごちそうさま。」~
  • ハレの日とケの日 ~マツリ文化と日本人の食生活~
  • 幕末の英雄たちは、何を食べていたのか ~英雄の歴史を作った食生活!~

その他多数、ご提案いたします。

☆【栄養学・健康学編】
例)
  • メタボリック解消!生活習慣病解消! ~これを食べれば健康になる~
  • 絶対やせる! ~幸せになるダイエットメニューと5分体操~
  • やさい・お魚・お肉のコンシェルジュ ~健康と食材の選び方~
  • 自然のリズムと生きる、日本の食材 ~長寿と健康の秘訣~
  • 食事で健康を作る秘訣を伝授 ~何をどれだけ食べたらいいのか~
  • 本当の「活食」は、和食にあり! ~栄養学と健康学~
  • 日本の食養・食べることで健康になる! ~日本の調味料とつまもの~
  • その他多数、ご提案いたします。

その他多数、ご提案いたします。

饗応料理の会

各藩主のご子孫をお招きして演題をやっていただいたり、それにまつわる時代考証再現食を食したりする会でございます。

開催予定

現在、開催予定はございません。

過去の開催実績

2014年4月25日(金)
殿様の会
織田信長のビッフェスタイル 饗応の会 ~織田家ご子孫をお迎えして~
2014年6月16日(月)
殿様の会
黒田官兵衛の時代考証再現食 ~黒田官兵衛ご子孫 黒田清隆氏をお迎えして~
2014年8月20日(水)
殿様の会
伊達政宗にまつわる時代考証再現食 ~伊達政宗子孫・伊達家ご当主をお迎えして~
2014年11月17日(月)
殿様の会
武田信玄の戦勝祝い食 「戦勝・祈願料理 祝い膳」 ~武田信玄ご子孫 武田家ご当主をお迎えして~
2015年1月19日(月)
幕末英雄の会
木戸孝充・桂小五郎にまつわる時代考証再現食 ~木戸孝充ご子孫をお迎えして~
2015年2月16日(月)
幕末英雄の会
第2回 木戸孝充・桂小五郎にまつわる時代考証再現食 ~木戸孝充ご子孫をお迎えして~
2015年4月27日(月)
幕末英雄の会
勝海舟・江戸幕末時代考証再現食 ~勝海舟玄孫の髙山みな子氏をお招きして~
2015年5月19日(火)
幕末英雄の会
黒田清隆の幕末 時代考証再現食 ~ご子孫 黒田清久氏をお迎えして~
2015年6月15日(月)
殿様の会
薩摩・島津家 士風の会 ~島津家ご投手 島津義秀氏をお迎えして~
2015年7月24日(金)
幕末英雄の会
西郷隆盛の会 時代考証再現食 ~西郷隆盛ご子孫をお迎えして~子孫しか知らない本当の姿~
2015年8月24日(月)
殿様の会
川中島の戦い 時代考証再現食 ~武田信玄・上杉謙信 ご子孫をお迎えして~
2015年9月26日(土)
幕末英雄の会
榎本武揚と勝海舟 ~榎本武揚ご子孫・勝海舟ご子孫をお迎えして~
2015年10月20日(月)
幕末英雄の会
坂本龍馬と勝海舟の会 ~坂本家ご子孫 勝海舟ご子孫をお迎えして~
2015年11月25日(水)
殿様の会
上杉謙信公の篠笛 ~上杉謙信公のご子孫をお迎えして 謙信公愛用の「ひとよぎれ」~
2016年1月7日(月)
饗応料理の会
和食の神様・四篠司家 包丁道 ~包丁道・四篠隆彦先生をお迎えして~
2016年2月9日 火曜日
幕末英雄の会
大久保利通の会 ~ご子孫である大久保利泰さまをお迎えして~
2016年3月2日 水曜日
英雄の会
「真田幸村の饗応の会」ご案内 ~真田信之公のご子孫であられます、真田幸光先生をお迎えして~
2016年4月5日 火曜日
英雄の会
上杉鷹山の饗応の会 ~上杉鷹山のご子孫をお迎えして~
2016年5月26日 木曜日
饗応料理の会
武士の食卓「蘭学と食養の会」 ~武田浩医師(内科認定医 糖尿病学会学術評議員)をお招きして~
2016年5月26日 木曜日
饗応料理の会
武士の食卓「蘭学と食養の会」 ~武田浩医師(内科認定医 糖尿病学会学術評議員)をお招きして~
2016年5月26日 木曜日
饗応料理の会
武士の食卓「蘭学と食養の会」 ~武田浩医師(内科認定医 糖尿病学会学術評議員)をお招きして~
2016年6月21日 火曜日
殿様の会
武士の食卓 蘭学と食養の会 ~徳川様をお迎えして~
2016年8月30日 火曜日
饗応料理の会
蘭学と食養の会 ~医師の村田先生をお招きして~
2016年8月30日 火曜日
饗応料理の会
武士の食卓「蘭学と食養の会」 ~村田朗医師をお招きして~
2016年8月30日 火曜日
饗応料理の会
武士の食卓「蘭学と食養の会」 ~第2回蘭学と食養の会~
2016年9月29日 木曜日
饗応料理の会
武士の食卓「蘭学と食養の会」 ~第3回蘭学と食養の会~
2016年10月26日 水曜日
饗応料理の会
武士の食卓 蘭学と食養の会 ~関口忠相様をお迎えして~
2016年10月26日 水曜日
饗応料理の会
武士の食卓 蘭学と食養の会 ~関口忠相様をお迎えして~
2016年12月12日 月曜日
饗応料理の会
朝鮮通信使の献上品・高麗人参を食べる会 ~上杉孝久氏をお迎えして~
2016年12月12日 月曜日
殿様の会
朝鮮通信使の献上品・高麗人参を食べる会 ~上杉孝久氏をお迎えして~
2016年12月18日 日曜日
饗応料理の会
ムスヒ財団主催パーティー ~井下田久幸氏をお迎えして~
2017年1月10日 火曜日
英雄の会
新年祝いの会 ~九重親方をお招きして~

CONTACT

講演の依頼や番組出演などのお問い合わせは、お問い合わせフォームより、お気軽にお問い合わせください。